家電レンタルを活用して楽しい生活を始める|ハッピーレンタルライフ

利用の時には気をつけよう

室内

布団を借りるためには

急なお客様や年に数回しかない子供の帰省など、その為だけに布団を購入して管理するのはとても大変です。特に都心などの収納の少ない家では、来客用の布団を保管するだけでもかなりのスペースが占領されてしまいます。そんな時は貸し布団を利用し、賢くお客様をおもてなししましょう。貸し布団を利用するには布団を利用したい日にちや日数、必要な数などを決め、貸し布団業者に申し込みをします。申し込みが受け付けられたら、希望日に宅配業者もしくは貸し布団業者が直接自宅まで布団を運んでくれますので布団と引き換えに代金を支払います。契約した日数布団を利用したら配送時に入れられていた袋に戻し、宅配業者や貸し布団業者に集荷を依頼します。夏休みなどの長期休暇には布団の在庫がなくなる場合もありますので、なるべく早めに連絡するよう心掛けましょう。

貸し布団の人気の秘密

貸し布団を利用すると自宅でお客様用の布団を保管する必要がなくなるので、押入れのスペースが空きゆとりのある収納が実現できます。また、布団自体も丸洗いされた清潔なものがカバーをかけられた状態で届き、返却時には干したりシーツを洗濯する手間もなくそのまま返却することができるため、手軽に安心して利用することができ人気です。貸し布団というと古臭い布団が届くのではないかという心配もありますが、最近は高品質な布団が届くことも多く、掛け布団は高級な羽毛布団、敷き布団はフローリングに直接敷いても背中が痛くならないほど厚みのあるウレタン製の敷き布団など謳っている業者も数多くあります。どんな布団が届くか心配な人は、布団の種類が明記された業者や、料金によって布団の質が選べる業者などを利用するとよいでしょう。